【画像有】大人の歯並び矯正!部分矯正体験談【前歯】

f:id:seisen_log:20190629202849j:image

 

あともう少し歯並びが良ければ・・・でも大人になってから矯正なんてできるのかな?費用が高そうだし、時間もかかるからあきらめようかな・・・

そんなふうに考えたことはありますか?

 

 

 

この記事では歯並びのコンプレックスに悩んで

部分矯正を決意し、治療を終えるまでのリアルな体験談をお届けします!

 

費用を抑え、短期間で歯並びコンプレックスを解消して、自信を持って結婚式にのぞんだ私の実体験です。

 

 

大人でも歯並びを矯正!前歯だけ部分矯正してみた

大人になってから歯並びを矯正するのは遅いと思っている人も多いと思います。

歯列矯正といったらこんなイメージではないでしょうか?

 

 

高額

期間がかかる

矯正装置が目立って人目が気になる

とにかく痛そう

 

私も以前はそのように思っていました。

歯並びにコンプレックスを持っていて矯正したいなとは思っていたものの上記のイメージでなかなか踏み出せずにいました。

 

矯正したい、でも高い

矯正したい、でもいい病院が近くにない

矯正したい、でも装置目立ちそうだし痛そう・・・

 

そんなこんなで2年くらいネットで検索して様々な情報を集め歯並びを直したい気持ちをもんもんと抱えていました。

以前は田舎に住んでいたこともあり、近くに矯正専門の病院もなかったんです。

 

一番気になったのは高額な費用だったので、せめて気になる前歯だけでも矯正できれば・・・と考えていました。

 

歯並びが悪くてコンプレックス!思いっきり笑えない!

そもそも歯列矯正をしたいと思ったきっかけは、もちろん歯並びを少しでもいいから直したいというところからなんですが、昔はそこまでひどくなかったんです。

前歯が八重歯になっており、そこそこ気に入っていました。

 

ですが、高校生になったあたりから前歯のねじれが気になってきたんです。

あごが細く歯が並びきらなかったようで、元々あった八重歯がひっこんでその代わりに前歯がすこしずつ前にねじれてきてしまいました。

 

社会人になるとさらに気になるようになり、人前で笑うときは歯が見えないように口を手で覆うようになっていました。

だんだんと思いっきり笑えなくなっていたんです。

 

結婚式を挙げることになり歯列矯正を決意

歯並びのコンプレックスを抱えたまま、社会人になって今の夫と出会い、結婚することになりました。

そのうち結婚式を挙げようという話になり、頭によぎったのは

 

自信をもった笑顔で結婚式を迎えたい

 

ということでした。

それからまたネットで情報収集にはしり、歯列矯正について調べ始めました。

 

全体矯正と部分矯正の違いとメリット・デメリット

まず、歯列矯正といっても全体矯正をするのか、部分矯正をするのかで金額も費用も異なってきます。

私は結果的に前歯だけの部分矯正を選んだのですが、両方のメリット・デメリットを調べ、さらに病院に相談して判断しました。

 

事前に自分でしっかりと調べることが大事だよ!

 

また部分矯正は歯並びによってできる症例とできない症例があるので、そこも病院で確認してもらわなければいけません。 

 

全体矯正メリット・デメリット

メリット

歯並び全体がなおせる

かみ合わせがよくなる

 

デメリット

費用が高額

治療期間が2~3年と長くなる

上下に矯正装置をつけるため食事が大変

抜歯する可能性が大きい

 

部分矯正メリット・デメリット

 メリット

費用が抑えられる

期間が短い

部分的に矯正装置をつけるため痛みが少ない

抜歯しなくてもいい症例もある

 

デメリット

かみ合わせの改善は期待できない

歯を削る場合がある

部分矯正できない症例もある

 

歯列矯正の病院を選んで矯正相談に行こう

まずは病院を選ぶことからはじめなければいけませんが、私が病院を選ぶまでにしたことをご紹介します!

 

過去症例をみる

まず、ネットで検索して様々な矯正専門の歯科医院を調べました。そこで確認していたのは症例写真です。

症例写真とは、そこの病院に通って実際に歯並びを直した方のビフォーアフターの写真です。

 

どんな歯並びの人がどんな治療をしているのか、私はとても不安だったので調べまくりました。

そして自分と似たような歯並びの人を探して、治療期間や費用などどれくらいかかるのか調べていたんです。

歯並びに悩んだことある人なら一度は見たことあるかもしれませんね!

気分的なものもあるのですが、ビフォーアフターの写真をみて、

 

おお、私もこうなりたい!

 

とよくわからないモチベーションを高めていました

こうなりたい!という気持ちを高めないと、まあいいかあ~といつもの感じで妥協してあきらめてしまうんですよね・・・私の場合ですが笑

今回の歯並びにかんしてはけっこう本気で悩んでいたのでとにかく過去症例調べまくっていました。

 

相談予約をする

だいたいネットで病院などのサイトを見て情報収集したあと、自分の住んでる近くの病院に無料の矯正相談の予約をして相談しに行きました。

矯正医院では無料で相談できるところが多いので、まずは相談だけでもしてみましょう。

自分の歯がどういう状態であるのか、全体矯正だけしかできないのか、部分矯正できるのかというところは自分では判断できないので、お医者さんにみてもらいましょう!

 

どのような状態かみてもらったあと、全体矯正だとどれくらいの期間がかかるか、費用はどれくらいになるのか、部分矯正は可能かどうかを聞いてみました。

ただ、ここで注意したいのは病院によっても判断が多少異なるということです

私の場合ですが1件目に相談しに行った病院と2件目に相談しにいった病院では話してもらった内容が少し異なりました。 

 

1回目に行った病院の結果

  • 全体矯正で2、3年かかる
  • 抜歯あり(4本ほど抜く必要がある)
  • 費用は80万ほど
  • 部分矯正は難しい

  

2回目行った病院の結果

  • 部分矯正可能
  • 期間は早くて半年~
  • 費用は25万~30万ほど

 

 

 

※ちなみに過去に結婚する前の地域の病院で相談しにいったことがあったので、無料相談は実際合計3回行っています。


2回目に行った病院は家から1時間と遠いものの部分矯正の症例が多く、

無料相談に行った時もとても丁寧な対応で安心できたのでここに決めました。

不安だった結婚式の前に終わるかどうかも、問題なく終わるだろうとのことでした。

 

決断し、再来院したのが5月で、結婚式は年明け1月の予定でした。

結婚式まで8ヶ月しかありません。

 

間に合うのかな~????

 

 

部分矯正スタート!矯正装置は目立つ?違和感ある?

そしていよいよ本予約をして部分矯正の治療をスタートしました。

はじめは検査のみで、自分の歯がどんな状態であるか確認します。レントゲンをとったり医者が口の中をチェックするといった感じ。

 

検査結果が出てから再来院し、治療方針を説明されました。

 

約4~5か月

ブラケットとワイヤーをつけて歯を削りながらねじれを改善する

約3~4か月

マウスピースで細かく動かす

約2~3年

保定

 

私の場合ざっとこんな感じでした。

結果的に保定期間をのぞいてもっと早く治療が終了することになったのですが、実際にかかった期間は後ほどお伝えしますね!

 

歯を削りながらとありますが、部分矯正の場合は抜歯をしないのでその代わりに十分な隙間を確保するために歯を少し削る場合があります。

これは病院によって治療方針が違うと思うので相談時に確認してみてください。

私の場合でも、削るといっても本当に少しです!ミリ単位で隙間をつくっていきました。

 

さて、検査結果の説明と注意事項をうけてさっそく矯正装置をつけて矯正スタート!

 

私は前歯2本動かすのに、6本の歯に矯正装置をつけました。

ちなみにメタルブラケットとクリアブラケットを選べるのですが、私はまわりにあまり気づかれたくなかったためクリアブラケットを選びました。

クリアブラケットにすると治療費+5万です。総額費用についてこれまた後ほど!

 

 

矯正装置をつけてみた感想はズバリ

 

違和感!!!!

 

矯正装置前歯6本だけでもつけた感じと見た目の違和感がすごかったです。

はじめてですごく気にしていたということもあり違和感があったのだと思いますが、そのうちにつけていることも慣れてきました。

 

友達にみせても

「え、ついてるの?あ、本当だ!」

くらいの反応で、まわりからみたらそこまで目立っていなかったようです。

というか、人はそれほど自分のことを見ていないということだと思うんですよね。

なのですぐに私自身も気が楽になりました!

 

部分矯正は痛い?

気になるのが矯正装置をつけたあとの痛みだと思います。

 

結論をいうと、痛みはあるよ!

 

歯を動かしているんですもんね。もちろん痛みます!

ですが、 正直な感想自分が思っているよりは耐えられる痛みでした。

どんな痛みかというと、矯正装置をつけた次の日くらいに歯をぐっと押さえつけられたような痛みがあり、かたいものが食べられなくなりました。

パンなどのやわらかいものすら噛みちぎる時に痛みがあります。

なので食事はスープやゼリー、お豆腐、蒸しパンなどを買って食べていました。

固形物は本当に小さく切ってからではないと食べられないんです!

 

文章にするとなんだかものすごーく痛くて怖いイメージになってしまいますが、はっきりいって耐えられる痛みでした。

一か月ごとくらいに矯正装置のワイヤーを交換する作業があるのですが、その時に痛みが2、3日続くんですね。

しばらくすると慣れてきて、食事も普通にとれるとようになりました。

痛みにはなれますが、食事をするたびに矯正装置のあいだに食べたものが詰まるので、毎回歯磨きをします。

この歯磨きがなかなか大変で私はこちらのほうが苦戦しました。

 

個人差はあると思うのですが、部分矯正の場合装置を部分的にしかつけないため、その分痛みが少なかったのかなと思います。 

 

歯列矯正中食べるときに注意が必要なもの

歯列矯正をしているときはブラケットという器具を歯につけ、その間にワイヤーを通していきます。

その装置をつけたまま食事をすることになるのですが、注意しなければいけない食べ物がいくつかあります。

 

食べる際に注意が必要なもの

・ガム、キャラメル、グミ、おもちなど粘着性のあるもの

・おせんべい、トウモロコシ、スルメなどの硬い食べ物

・ほうれん草、えのき、ネギなど繊維性の食べ物

・カレー、キムチ、コーヒー、赤ワインなど色の付きやすいもの

 

粘着性のあるものや硬い食べ物を矯正中に食べると矯正装置がとれてしまうことがあります。

また、繊維性の食べ物はワイヤーと歯の間に繊維がはさまってしまい、食事後のブラッシングが大変になります。

色の付きやすいものはワイヤー矯正中に矯正用のゴム(パワーチェーン)を使用した場合、ゴムに着色してしまう可能性があります。

実際私はゴムをつけているときにうっかりカレーを食べてしまい、黄色く着色させてしまいました。

こうなると次のゴム取り換え時までそのままでいなければいけないんです!

 

やってしまった~~~~

 

せっかくクリアブラケットにして目立たなくしたのにゴムに着色させてその時は目立ってしまっていました笑

着色してしまったら歯磨きで磨いても落ちません。

カレー、食べたかったんです。

 

 

部分矯正でかかった期間は?

さて、気になる矯正期間ですがこれはその人の症状によってさまざまだと思うので私の場合の話になってしまうのですが

 

ブラケットやワイヤーなどの矯正装置をつけている期間は5か月

マウスピース 1か月

合計6か月

 

たった半年できれいに前歯が並んでしまいました。

 

はやい!!!

 

正直自分自身でもこんなに早く終わるとは思っていませんでした。

 

そのあとは固定期間となり、今でも食事の時以外はマウスピースをつけています。

もうすぐ夜のみのマウスピースに移行する予定です。

 

なぜ固定期間が必要なの?

歯並びを直すと、後戻りという現象がおこることがあります。

力を加えて歯を動かしているため、その反動で歯が元の位置に戻ろうとするのです。

後戻りを防ぎ、歯をしっかりと固定させるためにマウスピースやリテーナーといたものでしばらく固定させる期間があります。

期間は1年~3年ほどですね。(人による)

 

マウスピースは透明なため、ほとんど目立ちません。よく見ると、ん?何かつけてるかな??というくらい。

なので仕事の時でも気にせずつけていました。

 

そんなこんなで矯正装置とマウスピース期間合わせて半年ほどで歯を動かす作業が終わったため、結婚式にも余裕をもって間に合うことができました。

 

こんなに早く終わるならもっと早く矯正始めればよかった~!!

 

 

 

【写真あり】部分矯正のビフォーアフターの変化を比較

部分矯正を行ってどう変わったのか見たいですよね?

 

 

 

 

ちょっと恥ずかしいですがお見せしちゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

じゃん!!

 

 

 

 

 

f:id:seisen_log:20190629180325j:image

 

うわああああ~~~

 

ビフォーの歯並びの悪さがひどくて笑ってしまいます。

前歯のねじれがひどいですね!

 

※ちなみに右側のアフターの方、ちょっと写真では傾いていますが実際はまっすぐです!

 

 

裏側はこんな感じです。


f:id:seisen_log:20190629180320j:image

 

もう、恥ずかしすぎる・・・笑

 

このねじれて前に出た歯だけ唇にひっかかる感じがしてすごく気になっていたんですよね。

 

それが部分矯正でここまできれいに並べることができました。

繰り返しますが奥歯には装置はつけず、矯正装置をつけたのは前歯6本だけです。

 

 

部分矯正は安い?かかった費用は?

 気になる部分矯正の金額ですが、ズバリ

36万7200円でした!!

 

内訳は

前歯部分矯正 29万円

クリアブラケット 5万円

消費税 2万7200円

合計 36万7200円

 

クリアブラケットではなくメタルブラケット(銀色のやつ)を選べば5万円うきましたね。

これを、分割で2回に分けて18万6000円ずつお支払いしました

病院によってさらに多く分割してくれるところもあるので、支払い方法については早めに確認しておきましょう!

 

大人でも遅くない!部分矯正して笑顔になろう!

 

f:id:seisen_log:20190629180237j:image

 

笑顔に自信が出てむしろ笑いすぎちゃってる結婚式写真。

 

本当に大笑いしてる写真ばかりでした笑

 

ですが、歯並びをきれいにして結婚式を挙げることができてとっても満足しています。

 

本当にやってよかった涙

 

 ということで、ずばり

 

 

大人になってからでも歯列矯正は可能です!

 

確かに矯正は部分矯正であってもお金はかかりますし、矯正装置もつけて痛みや面倒なお手入れにも付き合わなければいけないですが、

長い人生から見たらほんのわずかな期間です。

 

歯並びがコンプレックスで笑顔に自信がなくなって思いっきり笑えなくなるより、矯正をして堂々と笑顔で写真を撮ったり、好きな人に笑顔を褒められたり、結婚式をきれいな歯並びで迎えたり・・・

そんな風にまわりの目を気にせず自信を持って過ごしてみたくありませんか?

私はずっと悩んでいましたが部分矯正をして本当に良かったと思っています。

 

この記事を読んでもまだ不安!気になることある!という人は、コメントかこちらのTwitterアカウント(@seisen_log)のDMでもいいのでご連絡ください。

医者ではないので専門知識は答えられませんが、実体験はお答えすることができます!

 

コンプレックスとおさらばして素敵な生活を手に入れましょう~!

 

ではまた☆